カテゴリ:名古屋オフ’07( 4 )

 

「マーチのある生活・名古屋チッタオフ」リポート・番外編

番外編・チンクエチェント博物館プチガイド?
博物館内に展示されていたチンクを(一部)紹介。


e0107416_1161763.jpg

Nuova(ヌウォーヴァ)500。
「Nuova」とは「新型」を意味する言葉。
このひとつ前に同じ名前を持つクルマが存在していたため(通称「トッポリーノ」・「ハツカネズミ」の意)、それと区別するために付けたもの。
e0107416_1573959.jpg

リアエンジン・リアドライブ(いわゆるRR)で、水冷二気筒OHV・479ccのエンジンは、18ps・3.6kg-mを発生。
e0107416_157243.jpg

このクルマがキャンバストップとなっているのは、騒音対策のため。

e0107416_2165349.jpg

こちらもNuova(ただし確認はとっていません《ボディ交換されていたらわかんないですし》)。
ちなみに500にはいくつかのバリエーション(D,SPORT,F,Lなど)が存在するのですが、Nuovaの判断ポイントとしてわかりやすいのが「涙型のサイドウインカー」(D以降は丸型)と「フロントのエアインテーク」(ウインカーに変更)です。
ちなみにNuova自体にもいくつかバリエーションが存在するのですが、こちらのモデル(白)は初期型のボディに上級グレードのホイールを履いてたりします。



e0107416_228779.jpg

このギョっとするようなルックスの500は、アメリカ輸出仕様のもの。
アメリカの安全基準に適合させるため、ライトの位置を上げ、バンパーにオーバーライダーをつけてあります。



e0107416_234219.jpg

GHIA JOLLY。
ビーチなどでの使用を目的として、GHIA社などで製作されたカスタムカー。
冗談みたいなルックス(チェーン、藤素材の椅子)ですが、実はこれで標準仕様。



e0107416_2374113.jpg

e0107416_2523797.jpg

ABARTH 695SS アセットコルサ。
ABARTHがGr.2ホモロゲ用として製作したのが「695SS」。
排気量を689.5ccまで拡大し、専用マフラーや数々のメカチューンにより、実に38psもの出力を発生。
最高速度も500の85km/hよりはるかに速い140km/hを達成。
アセットコルサはその695SSをワイドトレッド・オーバーフェンダー化した競技用のモデル。

e0107416_2534385.jpg
e0107416_2535664.jpg

内装やエンジンルームも全くの別物。
あちこちにある「サソリ」のマークや「ABARTH」マークが印象的です。

e0107416_2553861.jpg

この文字、なんと手書きだそうです。
時代を感じますね。
[PR]

by tos12sr | 2007-05-07 02:57 | 名古屋オフ’07  

「マーチのある生活・名古屋チッタオフ」レポート1

1.オフ会1日目”絶品!ひつまぶし”
「マチある」初の遠征オフとなる今回。
故に2日間の開催となった初日の早朝、ワタシと「石川県12SR」さんの乗るマーチは、一路名古屋を目指します。

で、初日の集合場所である愛知県庁に到着したのが11時30分過ぎ。
GWの渋滞もあって、当初到着予定時刻を30分遅れての到着です。


e0107416_0153796.jpg


初日の参加人数は幹事組含めて5名。
4台のマーチが集まりました。
早速自己紹介タイム・・・といきたかったところですが、時間も時間であったため、お互い名前のみ名乗り、予定どおり最初の目的地である「ひつまぶし」のお店へ。

到着時にはまだお客さんが少なかったため、4台のマーチも楽々駐車。
支配人らしき人に誘導されて、席につきました。
e0107416_017576.jpg

でこれがひつまぶし。
中区にある「名古屋なまずや」さんでお食事です。
紀州備長炭で焼き上げられたうなぎは非常にやわらかく、絶品の味。
朝早くの出発だったこともあり、かなりの空腹だったため、あっという間に完食。
先程の自己紹介が中途半端だったこともあり、そのままダベリタイムに突入です。

ここで初参加者のご紹介を。
e0107416_0325933.jpg

まずは名古屋からお越しの「kishi」さん。
前日つけられたレカロがアピールポイントだそうです。
(・・・て写真撮れてません、スイマセン・・・)

e0107416_0412584.jpg

今回唯一の非12SRオーナーである、「ヒラーニョ」さん。
現在どこまで省燃費走行ができるか挑戦中なのだとか。
SRにはないカラーが特徴ですね。

このお2人に加え、「マチある」オフ常連となりつつある「しろいめ」さんも参加していただきました。
(いつも参加いただき、感謝、感謝です)
今回のオフには間に合わなかったらしいのですが、現在R32用ブレーキキャリパーを移植すべく加工中なのだとか。
毎回個性的なチューンを検討されていて、ホント感心させられます。
技術屋さんなので可能なのでしょうが、正直羨ましいですね~。

しばらくするとお店が混雑してきたので、場所を某スタバに移し、再びダベリタイム。
当初の予定では別のイベントも企画していたのですが、皆さんの参加できる時間もバラバラだったため、この日はダベリオンリーで終了することに。

オフ初日は「前夜祭」的な感じでもあったため、2日目についても皆さん参加していただいて・・・といきたかったところですが、「kishi」さんのみ予定があったため、初日の参加で終了となりました。
短い時間でしたので、また別のオフにでもお会いしたいですね。

(以下、2日目レポートへ)
[PR]

by tos12sr | 2007-05-06 04:20 | 名古屋オフ’07  

「マーチのある生活・名古屋チッタオフ」レポート2

2.オフ2日目その1”マーチメンバー集結!~チッタナポリへ”
2日目。
参加メンバーの行いが良いのか(笑)、2日続けての好天。
朝から日焼けの心配が必要なほどの日差しの中、初日宿泊先近くの某ポイントにて「しろいめ」さんと合流。
早朝の市内を2台のマーチが(爆音をたてて)進みます。

向かう先は某コンビニ。
というのも、今回参加の一部のメンバーがそこへ一旦集結されるらしく、「じゃあ我々も」というワケで。

そんな感じで国道を進んでいると、後方からノーマルっぽくないK12(笑)が。
同じようにコンビニへ向かう「さぶちゃん」さんでした。
「じゃあ一緒に。」
3台になったマーチ軍団は、一路コンビニへ。



e0107416_1203828.jpg

目的地には既に3台のSRが。
これで計6台のマーチ軍団完成。
カンタンに挨拶を済ませ、一行はそのまま本来の集結地である、知多半島道路「阿久比PA」へ。

予想はしてたものの、知多半島道路へ入ると、次第に「渋滞モード」へ。
当然ながら「阿久比PA」も大渋滞。
e0107416_1205515.jpg

やむを得ず路肩(?)に並べて駐車し、他のメンバーの到着を待ちます。

我々が到着したのは集合時刻より30分ほど早い時間でしたが、既に到着していたメンバーがひとり。
「マチある」メンバーの「まーぽん」さんです。
実は「まーぽん」さん、都合により2日目しか参加できなかったため、前日の夜にココへ到着、そのままお泊りしていたのだとか。(驚)
下道利用で来られたため移動時間8時間・・・お疲れ様です。(汗)

しばらく待っていると1台、2台とメンバーが集結。
これで計10台。
あと1台で今回参加メンバーが全員集合!となるワケですが、予定時間を10分以上過ぎても姿が見えなかったため、やむを得ず「石川県12SR」さんを残し、先へ進むことに。
ワタシは「しろいめ」さん号に乗り、先導するカタチで発進しました。
e0107416_1381280.jpg


出発してすぐはパレードラン状態だったものの、すぐにバラバラになるマーチ一行。
全員が行ったことのない場所だったため、この状態になると迷子になる心配が出てきます。
目的地まで一本道だと有難いのですが、そこは有料道路、当然分岐点が存在したりもします。
不安になりながらも目的地である「チッタナポリ」へ。

「チッタナポリ」へは30分程度で到着。
リゾートマンションらしく、景観の良いステキな場所でした。
この中にこの日見学予定の「チンクエチェント博物館」がある予定なのですが、案内どおり進んでも見つからず。
なかなか見つからないため、一度クルマを降りて探してみてようやく発見。
e0107416_1594383.jpg

「チンクエチェント博物館」到着です。
中にいた副館長に駐車場所を聞くと、「裏に10台程度が並べられるスペースがある」とのこと。
そんなワケで到着したメンバーから誘導となりました。

e0107416_201994.jpg

渋滞でバラバラになったため、迷子になるメンバーなどあったものの、最終的には無事全員が集合。
合計11台のマーチ。
太平洋側で企画するオフとしては決して多い台数とはいえませんが、こうして見るとなかなかの迫力です。

(以下レポート3へ)
[PR]

by tos12sr | 2007-05-06 01:02 | 名古屋オフ’07  

「マーチのある生活・名古屋チッタオフ」レポート3

3.オフ2日目その2”博物館見学~ダベリタイム~そして・・・”
全員が集合したところで、まずは博物館内を見学!といきたかったところですが、この日別のグループ(オールドMINIのオーナーズクラブみたいでした)が先に入られていたため、しばらく外で待つことに。

で、その時間を利用して「自己紹介タイム」となりました。
まずは初参加者の紹介を。


e0107416_2233962.jpg

まずは滋賀県からお越しの「銀玉」さん。
本人(のお尻)と一緒のツーショット(笑)です。
技術系の方らしく、いろんなトコロをイジられてます。
直管大好き(?)な楽しいお方でした。

e0107416_231378.jpg

名古屋からお越しの「ケッテンクラート」さん。
以前名古屋でお会いして以来でした。
SRは全くのノーマルとのこと。
マーチに限らず、いろいろなクルマの知識にもお詳しい方です。

e0107416_3142727.jpg

滋賀県からお越しの「きちべえ」さん。
今回参加していただいた女性オーナーさんのひとりです。
ADVANの16インチホイールがかなりカッコヨイ感じでした。(ウラヤマシ~)
アイラインもブラックボディに映えていい感じです。

e0107416_3204316.jpg

名古屋からお越しの「さぶちゃん」さん。
ワタシと同じクリブルオーナーさんです。
NISMOのパーツを結構装着されているらしく(ナンバープレートボルトにも!)、他のオーナーさん曰く「もうオーテックというよりNISMO車だよね?」みたいな感じのようです(笑)。
カメラ持参でのご参加でしたが、これもなかなかいいモノのようでした。

e0107416_3261473.jpg

静岡よりお越しのひでさんです。
奥様とご一緒のご参加でした。
(ご理解ある奥様のようでうらやましいですね~)
今年1月の納車と今回お集まりのメンバーの中で一番新しいマーチでしたが、ボンネットの裏を見てビックリ、なんとインシュレーターがついてませんでした。
最近はこんなところまで簡素化が進んでるみたいです。。。

e0107416_3392513.jpg

岐阜からお越しのパパさん&ママさん。
クルマ自体の所有者はママさんとのことで、こちらも女性オーナーさんです。
ひととおりオプションを装着されているとのことで、ドアミラーウインカーやNISMOのカーボンピラーが目立ってました。
ホイールピカピカですね~。

このほか、前回富山オフにもご参加いただいた「黒いSR」さんとそのご友人の「KARK」さんにご参加していただきました。
(「KARK」さんは7日にSR納車予定とのことでした。)
「まーぽん」さんと昨日のメンバーを加え、計15名の参加メンバーです。

ひととおり自己紹介を終えると、中におられたお客さんも帰られたとのことでしたので、博物館内へ。
カフェ代金込みの入場料1,000円を支払い、入館です。
e0107416_350663.jpg
e0107416_3503739.jpg
e0107416_350494.jpg
e0107416_351176.jpg

規模は小さいながらも、施設内jはかなりの充実ぶり。
ヌォーバ500をはじめとして、ワゴンボディの「ジャルディニエラ」、アバルトが手がけた「695SS」など、チンク好きにはヨダレもののラインアップ。
e0107416_3592143.jpg
e0107416_3593336.jpg

展示されている小物類も非常にクオリティ高し。
この博物館自体を紹介している媒体もあまりないですが、クルマ好きなら一度は遊びに行ってほしい場所でした。

その後、隣にあるレストランにて食事をとり、再び駐車場にてダベリタイム。
e0107416_49077.jpg
e0107416_491253.jpg

クオリティの高いハナシが沢山聞けました。

そんな楽しい時間もあっという間に過ぎ、気がつけば時間は午後4時。
帰りのこともあるので、解散ということになりました。

案の定というか、帰りの知多半島道路は超渋滞。
行きの倍の時間がかかることに・・・
最後までGWの洗礼を受け続けたオフとなりました。


最後に。
今回のこのオフ、「マチある」としては初のアウェイオフ、しかも急遽開催を決定したにもかかわらず、これだけのオーナーさんに参加・協力していただき、非常に感謝しております。
こうしたオフを通じて、今後も他の地域にお住まいのマーチオーナーさんとも交流を持てたらいいなと考えておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
[PR]

by tos12sr | 2007-05-06 01:01 | 名古屋オフ’07